×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目の下たるみの原因

目の下たるみをある日突然見つけることはありませんか?体のたるみは年齢を重ねるともにあちこちに出てきますよね。目の下たるみはまぶたが垂れ下がったり、目の下が盛り上がって目がくぼんで見えたりすることなんです。目の下たるみ解消、目の下たるみ くま対策に悩んでいる人が多いですね。女性なら誰でも気になることです。
目の下たるみは高年齢の人ばかりに出るものではありません。そもそも顔のたるみそのものは20代からすでに始まっているといわれます。眼の周りにある筋肉は大変薄く、顔の中でも一番早くたるみが始まるのが目の下といわれています。目の下たるみが出てくると、若い人でも老けて見られてしまうので、目の下たるみが出てきたなと感じたときは、早く改善・解消したいですね。目の下たるみはくまも一緒に出てくることが多いようです。目の下のくまは脂肪が過剰なために、目の下の皮膚の色素沈着が余計に目立ってくることなんですね。
目の下たるみが進行すると、袋状に垂れ下がっているように見えて、目袋のたるみとも言われています。

目の下たるみと化粧品の関係

目の下たるみの原因は色々ありますが、大きな原因のひとつに化粧品の使いすぎがあります。化粧品には様々な成分が配合されています。中には有害成分といわれるものも配合されているのです。目の下たるみの原因に化粧品を指摘する学者もいるほどです。
化粧品に含まれる合成界面活性剤や保湿剤、発泡剤などは肌に悪影響を及ぼすこともあり、目のたるみの原因のひとつといわれるのですね。目の下たるみのもうひとつの原因に紫外線があげられます。紫外線は老化を早めるといわれますが、老化が一番現れるのが肌なんですね。厚化粧をして、日中長時間紫外線にあたるのは、目の下たるみを作ってくださいといっているようなものです。外出時は出来るだけ紫外線を避けることが大事です。
家に帰ったらすぐに化粧を落とし、丁寧な洗顔をすることが目の下たるみを防ぐことでもあるのです。化粧を落とさずに眠ったり洗い残しがあったりすると、肌の老化を早めることになり、引いては目の下たるみ・くまができてしまうのです。洗顔時の注意点として、洗顔はぬるま湯で行うということです。冷水で洗顔すると、毛穴が開かずに毛穴に詰まっている皮脂や汚れを落とすことができません。

目の下たるみの対策・改善・解消方法

目の下たるみを改善・解消する方法には外科的たるみをとる方法もありますが、根本的に改善・解消する方法をとらないと目の下たるみは無くならないのです。目の下たるみがひどくないうちは目の下たるみもマッサージや合成界面活性剤などを含まない自然素材を使った化粧品や美容液をが有効ともいわれています。
目の下たるみの周りをマッサージすればリンパ液の循環も良くなるのでお肌の張りにもつながります。目の下たるみのマッサージをするときの注意点は強くこすり過ぎないということです。強くこするとくまができる危険性もあります。ストレスや睡眠不足も目の下たるみの原因になり、お肌全体の老化を早めてしまいます。
心地よい睡眠はお肌の新陳代謝を活発にし、お肌の健康を保ちます。夜更かしはお肌の大敵です。お肌の健康に、目の下たるみ予防にはビタミン類を多く含んだ食事をすることも大事です。ビタミンA、ビタミンB、ビタミンCを多く採ることはお肌の老化を防ぐ上に、若返り・アンチエイジングにもつながります。ビタミン類はサプリメントからとる方法もありますが、人工ビタミンは吸収率が低いので、できれば緑黄野菜から採りたいものです。

Copyright © 2014 目の下 たるみ ! 目の下たるみ解消ナビ